2009 NAGOYA DESIGN WEEK

この週末の晴天の中、2009 NAGOYA DESIGN WEEK のほんの一部を見てきました。

NAGOYA DESIGN WEEK01栄RACIK1Fの受付オブジェ。
結構コストかかっていると思います。

NAGOYA DESIGN WEEK02








プロダクトデザイナーが作った
遊び心のある、名古屋名物。
ファブリックで出来ています。

NAGOYA DESIGN WEEK03








グラフィックプロダクションの宣伝用ディスプレイ:「飴」のパッケージ。


NAGOYA DESIGN WEEK05






アレックス・モールトンのショップ「EGスクウェア」。

モールトンの特徴をパネルにして展示するコラボをした、広告共和国のデザイナー神野氏。

NAGOYA DESIGN WEEK04






オーナー店長の江口氏。
店内には、エヴァンゲリオンのアニメ作者:貞本義行氏の愛車も展示。
この店は、世界で唯一のモールトン専門店とか。


NAGOYA DESIGN WEEK06名東区の「ヴォイド」に展示してあった、名古屋モード学園の学生の作品。

これは、体育館シューズを使ったソファ。









NAGOYA DESIGN WEEK07

ボールペンのシャンデリア。




NAGOYA DESIGN WEEK08そして、ボタンのチェアか?

「MOTTAINAI」というコンセプトだったが、
どう見ても新品なのには苦笑。


















今回で5回目のNAGOYA DESIGN WEEK。
年々規模も拡大し、参加者も増えているそうだ。
そうだというのは、実はこのイベント、直前になるまで知らなかった!
かなりのコストがかかっているにも関わらずである??
まだまだ、行きたいところもあったが時間がなさすぎ。

まあ、そのコンセプト・内容はここではさておき、
意外と身近に知らないショップや企業があり、
希望や夢を持つ力のあるクリエーター達が、
こんなにもいるんだということを確認出来たことがうれしかった。

どうしてもネットにかじりつく時間の多い今の時代。
外に出て人と語り、実物と対峙することが基本であることを再認識。
2009.10.18 Sunday 23:17 | News&イベント | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :