ウォーキングは脳を活性化する!・・はず。

以前からずっと、ウォーキングする時、気になっていることがあります。

ウォーキング中には、非常に様々なアイデアが次から次へ湧いて出てくるということ。

このことは、脳科学者やスポーツ医学の偉い先生達も以前から提唱していますが、ほんとにまさにその通りだと感じます。

脳の活性化

車を運転しているときやジョギングをしている時にも、この感覚がないとは言えませんが、明らかに違うと思われるのは、アイデアや考えが非常に前向き建設的でポジティブであること。

僕だけのことかもしれませんが、車の運転中やジョギング中の感覚は、「でもだめかな」とか「どうしようかな」とか、遠慮がちで迷いのある比較的ネガティブな思考に感じられます。

以前このブログの落書きのススメでも書いたことがあるのですが、手を動かすことで起電し、それが脳を活性化すると僕は考えています。
であれば、もっと起電力の大きいと思われる「足」を使った運動は「手」以上の効果があるという考えに至るのは、自然の成り行き。

ただ、座ったままの状態でする落書きと違うのは、移動しながら五感を通じて、さまざまな情報が飛び込んでくること。
それが、ポジティブな思考とどう繋がるかはわかりません。

一度、書籍を紐解いて研究してみようかと思います。

●本日のエクササイズ:ウォーキング 7km
2010.01.11 Monday 19:14 | ひとり言 | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :