プライベートプレゼンテーションの時代。

あなたは、プレゼンは好きでしょうか?
プレゼンといっても、いろいろな形式がありますが、ここでは単に「人前で自分の意見を発表する場」という意味です。

ノートパソコン・デジカメ・プロジェクターなど、さまざまな情報機器ツール進化のおかげで、世はまさにプレゼンテーションブーム。
「Office」や「iWorks」を使ったスタイリッシュなプレゼンが、毎日何処かで5万と行われているでしょう。

そんな中、数年前から世界各地で高感度人の間でちょっとしたブームに成っているペチャクチャナイトが面白い。


誰でも見学出来る公開型プレゼンで、プレゼンターの持ち時間は基本約6〜8分ほど。展覧会やHP&ブログなんかでの発表に飽きたらない人たちが、ある意味自分の「一芸」を披露する場でもあります。
今のところのプレゼンターは、見せたいコンテンツを持っているクリエイター系の人たちが中心だが、今後もっと様々な業種にも広がっていくことでしょう。


プライベートプレゼンテーション
自分をアピールすることなど、大の苦手だった日本人にも広がりつつある、プライベートプレゼンテーション。
アフター5は、どこそこの「プレゼン・カフェ」「サイエンス・カフェ」でデート、なんてブームになるかもしれません。

ネットが広がるとリアルが恋しくなる。
人間はやっぱり賢いですね。
2010.02.07 Sunday 23:10 | Daily カットアウト | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :