☆ユニバーサル・イラストレーション?

UD(ユニバーサルデザイン)という観念がデザインにおける流行となっている現代。
「それが必要だって言うのは解るけど、UDだけを追求するとつまんないモンになっちゃうんだよね〜っ。」とツブヤいているクリエイターも多いことでしょう。差別なく多くの人に届くデザインと、主張するデザインのバランスをとることは難しいことですね。主張なんかする必要もないなんて言う人もいますし。

実は、イラストレーションの世界にも以前からそのような考え方はいろいろあります。公共性の高い印刷物の場合に多く、ある意味当たり前のことでもあるのですが。

例えば人物を引き合いに出すと、
●手・足の指は、必ず5本なければならない。
●女性のお茶汲みのシーンはNG。
●車を運転しているシーンには必ずシートベルトを入れる。
などなど。

ちょっと、ユニバーサルという観点からは?のところもあるかと思いますが、要は、ちゃんと誰にでも伝わるイラストレーションであるかということ。作者の思い入れだけで「イラストの空気を読んでよ!」では、通用しないんですよね。


でも、そこにはいろいろな葛藤が存在したりしているのも事実だったり・・。
ユニバーサルイラストレーション
2010.02.09 Tuesday 23:18 | Daily カットアウト | comments(0) | trackbacks(0)

コメント
Post a Comment.
 
Trackbacks
Trackback URL :